Take a break

26歳OL。旅行、ワイン、ヨガ、美術のことなど。

【〆パフェ】札幌発!夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)に行ってきました【東京 渋谷】

先日、渋谷で〆パフェ(シメパフェ)をしてきました。

〆パフェとは?

〆パフェとはなんぞや?ということですが、"飲酒や食事の後に食べる、1日の最後を締めくくるパフェ"のことを言います。

〆ラーメンに代わるニューウェーブになりそうな予感(※個人的見解)。

北海道・札幌では、搾りたての牛乳や旬の食材を使ったパフェで1日を締めくくる、〆パフェ文化がじわじわ広がっているらしいですよ。

「札幌パフェ推進委員会」なるものも存在し、〆パフェという食文化をPRする活動を行なっています。→詳しくはHP「札幌シメパフェ」をご覧ください。

東京初進出!夜パフェ専門店パフェテリア ベルに行ってきた

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)名刺ロゴ

さて、この〆パフェですが、2017年に札幌から東京に夜パフェ専門店が初出店しました。

渋谷にある夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)です。

 

JR渋谷駅南口から徒歩4分の場所にあります。各線渋谷駅からも徒歩5分程度です。

さっそく、お店を目指しましょう。

f:id:shikazemiu:20190305195238j:plain

新大宗ソシアルビルの3階にお店があります。

1階に「大島ラーメン」、2階に「AJITO」という居酒屋が入っているビルです。

f:id:shikazemiu:20190305195255j:plain

階段を登っていくと、パフェテリアベルのフクロウの絵の看板が見えます。

f:id:shikazemiu:20190305195321j:plain

いつ行っても大人気との噂のこちらのお店。日曜の夕方だったのですが、何人か並んでいました。

金土曜日や、もっと遅い時間だと行列になりそうです。

f:id:shikazemiu:20190305195411j:plain

f:id:shikazemiu:20190305195430j:plain

入口にあるモニターで順番待ちの受付をします。

f:id:shikazemiu:20190305195338j:plain

呼び出し番号とQRカードが書かれた紙が発券されました。

f:id:shikazemiu:20190305195354j:plain

スマホでのメール呼び出し登録もできるみたいですね。

今回は4組目だったので、その場で待ちます。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)入口

10分くらいでお店の中に案内されました。

お洒落でアットホームな雰囲気です。

思ったよりコンパクトなお店で、座席は27席です。

カウンター席もあるのでお一人様でも入りやすいですよ。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)店内

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)店内

美しいパフェのラインナップ

メニューは、その時々で異なるようで、この日は以下の6種類でした。

・塩キャラメルとピスタチオとチョコレート~ミリタリーフィールド仕立て~(1,900円)(限定10食←17時過ぎに行った今日はすでに売り切れ)

・ピスタチオとプラリネ(1,600円)

・泡、時々いちご(1,900円)

・Princess belle(1,800円)

・お茶目な遠藤さん(1,600円)

・苺と酒と桜と(1,800円)

メニュー表は撮影NGだったのでここには載せられないのですが、可愛らしいイラストとともにパフェの具が細かく記載されていましたよ。

プラス300円で、ドリンクセットにできます。

アルコールも選べるのでお得感がありますね。

 

「ピスタチオとプラリネ」

夫が頼んだのは、「ピスタチオとプラリネ」(1,600円)です。

プラリネとは、焙煎したナッツ類に熱した砂糖を和えてカラメリゼしたものです。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)「ピスタチオとプラリネ」

パフェの具は以下のとおり。

・ピスタチオジェラート

・プラリネジェラート

・ラスク

・ブラウニー

・カタラーナ

・シフォンケーキ

・北海道産ブランマンジェ

・アーモンドフロランタン

・ドミニカ産カカオのチョコレートジェラート

・ピスタチオプリン

 

濃厚なお味ですが、ひとつひとつが丁寧に作られているなあ、と感じさせる上品な味わい。

パフェ大好き人間の夫も、「これは美味いな〜」と言っていました。

下までジェラートがぎっしり詰まっていて、満足感もあったそうです。

 

「泡、時々いちご」

私が頼んだのは、「泡、時々いちご」(1,900円)です。

…なんですかそのお洒落ネームは♡

出てきたパフェは、名前に負けないお洒落さです。

まるで芸術品のようです。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)「泡、時々いちご」

パフェの具は以下のとおり。

・手元飴

・シャンパン球体ゼリー

・シャンパンエスプーマ

・新鮮な苺

・フレッシュローズマリー

・カシスの寒天ドット

・シャンパンムース

・ソフトクリーム

・フランボワーズジェラート

・カカオニブクロッカンとジェノワーズ

・苺のコンカッセとベリーのコンフィチュール

・シャンパンジュレ

・フランボワーズのレアチーズ

 

思わず、色々な角度からシャッターを切ってしまいました。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)「泡、時々いちご」

カクテルがパフェに変身したかのよう。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)「泡、時々いちご」

真上から見ても美しい…。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)「泡、時々いちご」真上から見ても美しい

シャンパンの味が効いていて、全体的に甘さ控えめでさっぱりしています。大人のスイーツ、といった感じですね。

お酒が苦手な人にはあまりおすすめしませんね。

逆に言うと、お酒好きの人にはとってもおすすめです。

私は、ファミレスなどのパフェは甘ったるすぎて食べきれないのですが、このパフェは最後まで美味しくいただけました。

砕いたチョコレートが入っていたり、食感も面白いです。

周りのテーブルを見渡すと、他のパフェも美しかったです。

特に「Princess belle」が可愛らしかったです…!

ふんわりとした寒天ドレスをまとった「美女と野獣」のベルがパフェの上に載っていて、空洞になったグラスの中心部には一輪の薔薇が…♡

お写真がないのが残念ですが、ぜひ実物をご覧くださいませ。

もしくはお店のHPなどをチェックしてみてください。

 

まとめ

夕方からしか開いていない夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)

飲み会やお食事の後に、お洒落にパフェで〆てみてはいかがでしょうか(もちろんパフェだけを食べにお出かけしても♪ )。

夜パフェ専門店パフェテリア ベル (Parfaiteria beL)

★場所

東京都渋谷区道玄坂1丁目7-10 新大宗ソシアルビル3F

渋谷駅から210m

★定休日

なし

★営業時間

月〜木 17:00〜24:00/金・祝前日 17:00〜25:00/土 15:00〜25:00/日・祝日 15:00〜24:00 ※ラストオーダー30分前

 

ちなみに、今回のお店は、RETRIP(リトリップ)監修の「365daysまいにち東京」という本で知りました。

ぱらぱらとパージをめくると、東京の最先端の流行や、面白スポットを知ることができますよ。

インスタにアクセスできるQRコードもあるので、使い勝手良しです。

今度の休日はどこに出かけようかな…とお悩みの方、ぜひお手に取ってみては。