Take a break

26歳OL。旅行、ワイン、ヨガ、美術のことなど。

【歯の痛み】虫歯かと思って歯医者に行ったら、別の原因が判明した話【歯ぎしり 噛みしめ マウスピース】

はてなブログ歯磨き習慣にちなんで、「歯とお口の健康」について書きたいと思います。

 

ここ1年位、食べ物を食べるときに、左下の奥歯が痛むことがありました。

「毎日、朝昼晩歯磨きしているのに、虫歯になってしまうとは…酷くなる前に治療するか」と、先日やっと重い腰を上げ、歯医者に行ってきました。

 

診察室に通され、「なんだか奥歯が痛むんですよね…」と伝えると、歯医者さんは念入りに歯をチェックしてくれた後、「う〜ん」とひとこと。

 

次に、「この割り箸を噛んでみてください」と、手渡された割り箸を左奥歯で噛んでみます。すると、そのときは特に痛みを感じず…。

 

口腔内の写真とレントゲンも撮影しました。

 

その後、いくつか質問をされました。

歯医者さん「寝るときはうつ伏せ?左を下に向けて寝る?」→私「基本的にうつ伏せです。昨夜は右下だったと思いますが、左を下に向けて寝ることも多いです」

歯医者さん「職業は?(私の職業を聞いて)あぁ…ストレスが多そうな職種だね」→私「そうですね…(たしかにちょうど今、職場でのストレスがMAXではあるな…)」

 

歯医者さんは、「なるほどねぇ」と言い、私の口腔内の写真とレントゲンを見せながら、歯の状態を説明してくれました。

 

★まず、虫歯ではないこと。

★奥歯の痛みは、噛みしめ・歯ぎしりで過度な圧力がかかることで起こっていること。

★うつ伏せで寝るときに下になることの多い左側に、より圧力が加わって左奥歯が痛むこと。

★日によって痛む日と痛まない日があるのは、寝るときの頭の向きと、ストレスの度合いによると思われるということ。今日痛まなかったのは、昨夜は右を下にして寝たからではないか?

★噛みしめ・歯ぎしり自体をなくすには、ストレスなど根本的な部分を改善する必要があるが、マウスピースで歯へのダメージは減らせること。

 

自分の歯の写真を見てみると、たしかに下前歯の上辺が、上前歯に擦れたのかだいぶすり減っています。上前歯には小さなひび割れが見えます。奥歯にいたっては、欠けているところもありました。

歯にこんなにダメージがあったとは、全く気付きませんでした…。

 

さっそく、歯型をとり、マウスピースを作ってもらうことにしました。

 

数週間後に受け取ったマウスピースはこちら。

噛みしめ歯ぎしりによる歯のダメージを減らすための就寝時用マウスピース

就寝時に、上の歯に装着します。歯型を取っただけあって、自分の歯にジャストフィット。

マウスピースの厚みで口が半開きの状態になるので、マスクをして寝ることをおすすめされました。涎と喉の乾燥対策ですね。

始めは違和感があって外したくなるかもしれないとのことでした。たしかにはめている感じはあるものの、私は初日からぐっすり熟睡できました(鈍いのだろうか?笑)。

 

マウスピースを使い始め、気付くと奥歯の痛みを感じなくなっていました。しかし、相変わらず歯ぎしりは続いているようで、日に日にマウスピースに傷がついていきます。今までこの圧力が直接歯に加わっていたのかと思うと恐ろしいです…。

 

マウスピースのお手入れは、外したら、専用のケース(歯医者さんで300円で販売していました)に水とポリデントと一緒に入れておくだけです。

就寝時用マウスピースの保管・洗浄ケース

ポリデントは、1個のタブレットをさらに割って4分の1だけ入れれば十分だそう。

私が使用しているのはこちら。

マウスピースの受け取り時にもお試しでくれたものなので、歯医者さんお墨付きです。いやはや、26歳にして入れ歯洗浄剤を使うことになるとは…。

 

マウスピースは、使っているうちに劣化変色してくるので、半年?一年?くらいで作り替えに来てください、とのことでした。

保険が効くとはいえ、マウスピースを作るのに5千円ほどかかるので(診療費は別)、結構金銭的負担が大きいです。しかし歯を守るためには致し方ないのですかね。

…調べてみると、自分で歯型をとってマウスピースを作れるキットもあるようなので、挑戦してみようか思案中です。

お気に入りの歯磨き粉

ところで、はてなブログ"歯磨き"習慣とのことなので、私の日々の歯磨きについても軽くお話させてください。

近頃、私の周りでもドルツなどの電動歯ブラシを使っている方も多いですが、私は普通の歯ブラシを使っています。

その代わりに、と言ってはなんですが、歯磨き粉はいろいろなものを試してみるのが好きです。趣味の海外旅行では、その国の歯磨き粉を購入して帰ります。

今愛用しているのは、スリランカで購入した「SIDDHALEPA SUPIRIVICKY」というアーユルヴェーダ歯磨き粉。合成着色料、発泡剤、フッ化物は不使用で、天然ハーブを使用しています。

スリランカで購入したアーユルヴェーダ歯磨き粉「SIDDHALEPA SUPIRIVICKY」

味はスパイシーでビックリしますが、歯磨き後はすっきりさっぱりするのでおすすめです。


6 X 110g Tubes Siddhalepa Supirivicky Ayurvedic Herbal Toothpaste (6 x 110g) [並行輸入品]

詳しくはこちら↓の記事をどうぞ。

www.shikazemiu.com

 

まとめ

歯の痛みの原因は、もしかすると虫歯ではなく、噛みしめ・歯ぎしりかもしれません。私のように、ここしばらく歯は痛むけれど、虫歯のようには痛みが悪化する気配がないな…という方は、その可能性を疑ってみてください。

歯医者さんに言われた「歯は一度失ったら二度と戻らない。歯はよりよい生活のために必要不可欠なものだから、大事にしてね」という言葉、忘れずに過ごしていきたいと思います。

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic